つぶやき雑記

道草しながら、寄り道しながら・・・

新見南吉の故郷

彼岸花の咲く時期になると毎年半田を訪れている。

もう20年近くになるだろうか、職場の同僚から聞いて新美南吉の生まれ故郷が半田であることを知った。

そして彼岸花の名所であることも知り、ほぼ毎年のように半田に訪れるようになった。

しかしそれまでは新美南吉のことは何も知らず、ごん狐の話すらほとんど知らなかった。

新美南吉のことを知ってからごん狐の物語を読み、その深さと南吉の人柄や人物像が好きになった。

それから自分のことや身の回りの色々なことを南吉の残した言葉や物語と照らし合わせては考えるようになった。

こんな風に生きていきたい、そんな風に成りたいと、自分に言い聞かせながらも、少しもそんな風には成っていないけれど、それでも半田の町を訪れてはまた懲りずに想い直している自分がいる。

多分そんな事を繰り返しながらこれからもずっと生きてゆくんだろう。

来月は5年に一度の半田山車祭りが行われるので、またここへも来るような気がする。