道草ウォーキング blog

花あり、旅あり、祭あり・・・道草ブログ

Windows Phone8

2014年01月13日
AmazonNOKIAWindows Phoneを購入
Windows Phoneが国内では発売されていない事をそれまで知らなかった。
ネットで色々と調べてみると
Windows Phone7まではWindowsCEというモバイル用のOSで作られていた。
Windows Phone8はというとWinsowsNTをベースに作られているらしい。
で、届いた実物はというと、Lumia 520のブルー
Lumiaシリーズで最も安い価格の物で1万4千円ほど
たしかにiPhoneみたいに高級感タップリではありません。
しかしこの値段でSIM freeのスマホとしては決して安っぽくはないと思います。
日本では発売されていないのに日本語にはちゃんと対応されています。
初期設定もさほど戸惑うこともなく無事に終了しました。
まっ日本向けの商品ではないので日本語の取説は付いてきません。
でもネット上で検索すればいくらでも出てくるのでなんとかなりました。
ひとつ注意しなければならないのは日本語キーボードが入っていません。
手動でダウンロードしてインストールしなければならないことがイマイチですね。
大きさはほぼiPhone5と同じくらいです。

画面サイズはiPhone5と同じです。

画面下のホームボタンの左に戻るボタンが有るのはAndroidと同じです。
アイコンが並ぶ画面はWindows8のホーム画面にソックリです。
画面を横にスライドするとインストールされている全てのアイコンリストが現れます。
パソコンと違うのはデスクトップが無いことくらいです。
使ってみて感じたことはOfficeが本家であるため
Officeファイルを忠実に表示してくれること。
SkyDriveにスムーズにアクセスできるのでストレスを感じません。
ちなみに私はTXTファイルを愛用する派なのですが
iOSのSkyDriveアプリでSkyDrive内のTXTファイルを開くと文字化けして読めません。
Androidもファイルを開くアプリが影響するため読めないことが多く発生します。
WindowsPhoneが日本未発売商品なので無理かと思っていましたが
なんの不具合もなく確実に表示してくれました。

問題はアプリが少ないこと。
Windowsタブレットをそのまま小さくしたようなスマホですが
動作が軽く安定した動作をしてくれてOfficeとの親和性が高いので
ぜひ日本でも発売してほしいですね。

さてSIMですがb-mobileの「スマホ電話SIM フリーData」を使っています。
月々の基本使用料は1560円 通話は30秒あたり20円 データ通信は200kdpsと遅いですが使い放題です。
私はメインにiPhone5Sがあるのでデータ通信の速度も重要ではなく通話もほとんどしないので
基本料+通話料だけで非常に安く使えます。
サブ機として格安に手に入るWindowsPhone8はなかなか良い買い物だったと思います。